フレンチ・クラシック・カフェ

フレンチ・クラシック・カフェ by 笹川日仏財団

笹川日仏財団

笹川日仏財団がお届けするプログラム「フレンチ・クラシック・カフェ」。フランス音楽の素敵なところをちょっと変わった切り口でご紹介します。ご案内役は軽妙なトークで定評のある指揮者の中田昌樹さんです。 《中田昌樹プロフィール》 1951年札幌生まれ。道立札幌西高校卒業。国立音楽大学器楽学科卒業後、フランスに留学。パリ・エコール・ノルマル音楽院指揮科を一等賞首席にて卒業。アメリカ・タングルウッドで小澤征爾、バーンスタインの教えを受ける。 パリ・コンセール・パドゥルー管弦楽団を指揮してヨーロッパデュー、その後、フランス国立リヨン管弦楽団で音楽監督セルジュ・ボドのアシスタントを務める。ベルリン放送交響楽団、ブルガリア国立ソフィア室内管弦楽団などヨーロッパ各地で指揮。 帰国後、新国立劇場開場当初からオペラ制作に携わり、オペラ研修所特任講師も務める。 吹奏楽の分野では、吹奏楽コンクール全国大会/支部大会/県大会の審査、各地の指揮講習会の講師を長年に渡って担当。 札幌大学文化学部 客員教授、新国立劇場オペラ制作部 専門員、新国立劇場オペラ研修所特任講師 、Institut Francais du Kyushu (九州日仏会館) 『フランス音楽の陰影』レクチャー講師 等を歴任。

カテゴリー: ミュージック

最後のエピソードを聴く:

今週は、絶世の美女であったスパルタ王妃ヘレネの誘惑のストーリーをオペレッタにしたオッフェンバック『美しきエレーヌ』をお届けします。


ここでパロディ化されているのは、当時の絶世の美女であった皇帝ナポレオン3世の妻、ウジェーヌではないかという説もありますが、真偽の程はともあれ、この作品も『天国と地獄』同様大成功を収めます。


このオペレッタのフランス語の原題は『La Belle Hélène(ラ・ベル・エレーヌ)』。これは洋梨とチョコレートを使ったフランスの代表的なスイーツの名前でもあるのですが、このオペレッタが由来という説もあります。


中田昌樹さんの⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠Facebook⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠では番組内の内容をさらに視覚的にも拡めています。ぜひご覧ください。 


【出演】中田昌樹(指揮者)     

【演奏】ジャック・オッフェンバック作曲喜歌劇『美しきエレーヌ』序曲

    Darrell Ang/指揮 Lille National Orchestra/演奏

      イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行/ピアノ    

【提供】笹川日仏財団

前のエピソード

  • 142 - #141 絶世の美女を想起させる流麗な音楽オッフェンバック『美しきエレーヌ』序曲 
    Fri, 12 Apr 2024
  • 141 - #140 当時の世相を反映し大ヒットしたオッフェンバック『天国と地獄』序曲 
    Fri, 05 Apr 2024
  • 140 - #139 多様で聴き応えあるデザンクロ『サクソフォン四重奏曲』 
    Fri, 29 Mar 2024
  • 139 - #138 サクソフォンの名曲といえばラヴェル編曲『展覧会の絵』- 「古城」 
    Fri, 22 Mar 2024
  • 138 - #137 ミステリアスなドビュッシー『アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲』 
    Fri, 15 Mar 2024
どのくらいのエピソード

その他の日本のミュージックポッドキャスト

その他の国際的なミュージックポッドキャスト

ポッドキャストのジャンルを選択