フレンチ・クラシック・カフェ

フレンチ・クラシック・カフェ by 笹川日仏財団

笹川日仏財団

笹川日仏財団がお届けするプログラム「フレンチ・クラシック・カフェ」。フランス音楽の素敵なところをちょっと変わった切り口でご紹介します。ご案内役は軽妙なトークで定評のある指揮者の中田昌樹さんです。 《中田昌樹プロフィール》 1951年札幌生まれ。道立札幌西高校卒業。国立音楽大学器楽学科卒業後、フランスに留学。パリ・エコール・ノルマル音楽院指揮科を一等賞首席にて卒業。アメリカ・タングルウッドで小澤征爾、バーンスタインの教えを受ける。 パリ・コンセール・パドゥルー管弦楽団を指揮してヨーロッパデュー、その後、フランス国立リヨン管弦楽団で音楽監督セルジュ・ボドのアシスタントを務める。ベルリン放送交響楽団、ブルガリア国立ソフィア室内管弦楽団などヨーロッパ各地で指揮。 帰国後、新国立劇場開場当初からオペラ制作に携わり、オペラ研修所特任講師も務める。 吹奏楽の分野では、吹奏楽コンクール全国大会/支部大会/県大会の審査、各地の指揮講習会の講師を長年に渡って担当。 札幌大学文化学部 客員教授、新国立劇場オペラ制作部 専門員、新国立劇場オペラ研修所特任講師 、Institut Francais du Kyushu (九州日仏会館) 『フランス音楽の陰影』レクチャー講師 等を歴任。

カテゴリー: ミュージック

最後のエピソードを聴く:

増四度の不明瞭な浮遊感を保ちつつ、輪郭の曖昧な世界を創り出す才能。

それまで多くの作曲家が、少しずつ拡げて来ていたハーモニーの流れや拡がりを、一気に未知の方向性に踏み込んだのは、やはりドビュッシーのエキセントリックとも思える性格や行動とは無縁ではないのでしょう。

その流れは、ラヴェル、プーランクを経て、遥かオリビエ・メシアンの不可思議な世界へと伝わって行きます。


【出演】中田昌樹(指揮者)

【演奏】クロード・ドビュッシー作曲『牧神の午後への前奏曲』 中田昌樹/指揮、エルムの鐘交響楽団/演奏

    インタビュー/トマ・プレヴォ 元フランス国立放送管弦楽団 フルート主席奏者

    イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行

【提供】笹川日仏財団

前のエピソード

  • 70 - #69 フルートが引き出すオケの魅力-ドビュッシー《牧神の午後への前奏曲》 
    Fri, 25 Nov 2022
  • 69 - #68 バスクのヴィルトゥオーソに捧げられたサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第三番 第一楽章 
    Fri, 18 Nov 2022
  • 68 - #67 バスクのヴィルトゥオーソに捧げられたサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第三番 第二楽章 
    Fri, 11 Nov 2022
  • 67 - #66 バスクのヴィルトゥオーソに捧げられたサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第三番 第三楽章 
    Fri, 04 Nov 2022
  • 66 - #65 人生の荒波を思わせる – ドビュッシー『海』 
    Fri, 28 Oct 2022
どのくらいのエピソード

その他の日本の%(ミュージック)sポッドキャスト

その他の国際的なミュージックポッドキャスト

ポッドキャストのジャンルを選択